2016/11/11 22:17

還元率の高いクレジットカードの使い分けで年間5万円の節約

還元率の高いクレジットカードの使い分けでポイントを年間5万円貯めることができました。とても簡単に節約できますので参考にしていただけたらと思います。


目次


節約できるクレジットカードを選ぶ

還元率が高くて、ポイントが現金と同じように使用できるクレジットカードは簡単に節約を続けることができるのでオススメです。

このポイントを年間 50,000 ポイント貯めることで節約しています。

我が家では以下のクレジットカードを使い分けしています。

カード
種類
ポイント
種類
還元率備考
リクルート
カードプラス
Pontaポイント2%
  • 年会費 ¥2,160
  • 2016年3月15日に受付終了
リクルート
カード
Pontaポイント1.2%
  • 年会費無料
Yahoo Japan
カード
Tポイント1%
  • 年会費無料
楽天カードRポイント1%
  • 年会費無料

複数のカードを使用していますが、どのクレジットカードを使用するどうかを判断しながらのショッピングは大変です。

そこで、どのクレジットカードを使用するどうかを判断せずに、クレジットカードの使い分けができるように工夫しています。

普段の買い物やインターネットショッピングでは店舗やクレジットカードに関係なく、一番お得な商品を選んで購入できます。


スポンサーリンク


貯めたポイントの使用方法

貯めたポイントは以下のように、現金と同じように使用しています。

ポイント
種類
使用方法
Pontaポイント
  • ゲオでの支払
  • ローソンでの支払
  • ポンパレモールでの支払
  • ホットペッパーでのお食事券の支払
  • 家族旅行(じゃらん / H・I・S)
Tポイント
  • ロハコでの支払
  • Yahooショッピングでの支払
  • ヤフオクでの支払
  • 水道料金での支払
Rポイント
  • 楽天市場での支払
  • シネプレックスでの映画料金の支払(楽天ID決済)
  • ミスドでの支払

1つのポイントにこだわらず、「Pontaポイント」「Tポイント」「Rポイント」をそれぞれの生活に合わせて利用するのが簡単で良いと思います。

Tポイントでの水道料金の支払は

以下のページで紹介しておりますので、興味のある方はご参照ください。

【水道料金のクレジット払いよりお得!Yahoo公金払いが可能か確認を】


年間5万円の節約の内訳

カード種類/支払内容年支払額還元率獲得ポイント
リクルートカードプラス
スーパー・ホームセンター・ドラッグストアの支払¥528,0002%10,560
電話・携帯・NHK・インターネットプロバイダの支払¥128,4002%2,568
Amazon・ポンパレモールで子供のおもちゃ・家電・雑貨の支払¥12,0002%240
夫の通勤の定期・駐車場の支払¥1,044,0002%20,880
車の任意保険の支払¥39,6002%792
電気代の支払¥300,0002%6,000
衣料品の支払¥14,4002%288
外食・旅行の支払¥120,0002%2,400
実家帰省時のETC・ガソリンの支払¥48,0002%960
その他の支払(コンビニ・GEOなど)¥36,0002%720
リクルートカード
nanacoで税金の支払¥210,0001.2%2,520
nanacoでセブンイレブン・イトーヨーカドーの支払¥48,0001.2%576
Yahoo Japan カード
ロハコで食料品・飲料品・日用品の支払¥184,8003%5,544
Yahooショッピングで子供のおもちゃ・家電・雑貨の支払¥36,0003%1,080
ヤフオクで衣料品の支払¥36,0001%360
Yahoo!公金支払いで水道代の支払¥66,0001%660
楽天カード
楽天市場で子供のおもちゃ・本・雑貨の支払¥24,0003%720
楽天ID決済で映画館の料金の支払¥12,0001%120
合計¥56,988

実際に持ち歩いて支払に使用するのはリクルートカードプラスの1枚のみです。

それ以外は、支払に使用するクレジットカードを1回だけ登録をするのみです。

こうすることで、どのクレジットカードを使用するべきか?という判断は不要になり、簡単に節約することができます。


Yahoo Japanカードと楽天カードは通常は 1% の還元率ですが、以下のように還元率を大幅に上げることができます。

  • Yahoo Japanカードは、ロハコまたはYahooショッピングの支払で使用すると 3% の還元率
  • 楽天カードは、楽天市場の支払で使用すると 3% の還元率

  • Yahoo系は「Yahoo Japanカード」を登録して支払し、楽天系は「楽天カード」を登録して支払します。

    それ以外の支払は「リクルートカード」で行うことで簡単にお得なクレジットカードの使い分けができます。

    残念ながら

    リクルートカードプラスは新規募集が終了しました。

    しかし、リクルートカードは募集しています。

    リクルートカードは年会費無料で還元率が1.2%のとてもお得なクレジットカードです。

    リクルートカードに関しては以下のページで紹介しております。

    【Pontaポイントを効率良く貯める方法を実践して1年間に50,000ポイントを獲得する】


    スポンサーリンク


    リクルートカードによる効果


    スーパー・ホームセンター・ドラッグストアでは月平均44,000円の買い物しています。

    以前はイオンカードを使用しており、ときめきポイントが月 300ポイントたまりました。

    イオンカードはポイントの還元率が低いことと、ポイントの使えるお店が少ないのが難点でした。

    還元率2%のリクルートカードプラスに変えてからはPontaポイントが月 880ポイントたまるようになりました。

    リクルートカードプラスのカード年会費が ¥2,160 ですので月の費用が ¥180 とすると、約700円の節約になります。

    イオンカードからリクルートカードプラスに変えることで 月400ポイントが増え、いろいろなお店でポイントが使用できるメリットを受けることができました。


    年会費無料で還元率が1.2%のリクルートカードで試算すると、Pontaポイントが月 528ポイントたまります。

    リクルートカードプラスは募集が終了していますので、現状では、リクルートカードがもっともオススメできるカードです。



    赤字家計 記事一覧に戻る


    シェアする

    • facebook
    • twitter
    • はてなブックマーク
    • LINE

    スポンサーリンク