おすすめ情報

  1. マインクラフトに関する記事一覧
  2. マイクラでforgeとoptifineを使用した影modの入れ方
  3. マイクラでforgeとoptifineを使用したポケモンmod(Ver.7)と影modの入れ方
  4. マイクラでforgeとoptifineを使用したポケモンmod(Ver.8)と影modの入れ方
  5. マイクラでforge 1.7.10を使用したワンピースmod(Ver.0.6.1)の入れ方
  6. マイクラでforge 1.14.4-28.2.0 を使用したワンピースmod(Ver.0.6.2.1)の入れ方
  7. マイクラでforge 1.14.4-28.2.17 を使用したワンピースmod(Ver.0.6.2.2)の入れ方
  8. 超簡単!マイクラで1ブロックから始まる世界で遊ぶ方法
  9. マイクラでforge 1.14.4-28.2.0 を使用したワンピースmod(Ver.0.6.2.3)の入れ方
  10. マイクラでBabyMode(ベイビーモード)の入れ方と遊び方
  11. マイクラでforgeとoptifineを使用した鬼滅の刃modと影modの入れ方
  12. マイクラでドアmodの入れ方と隠し扉の作り方
  13. マイクラで全てガチャ?ブロックを壊すとドロップアイテムが変わる!Loot Table Randomizer の入れ方
  14. マイクラでジャンプするたびにジャンプ力があがるmodの入れ方
  15. マイクラでポータルガン(Portal Gun)modの入れ方と使い方
  16. マイクラで防具mod(Block Armor mod)の入れ方と使い方
  17. マイクラでスカイブロック(SkyBlock)のやり方
  18. マイクラでポケモンmod(Ver.8.1)の入れ方
  19. マイクラでクラフトのレシピがガチャになる!Recipe Randomizer mod の入れ方
  20. マイクラでドラゴンmod(Ice and Fire)の入れ方
  21. マイクラで銃mod(Techguns)の入れ方
  22. マイクラでラッキーブロックmodとエメラルドラッキーブロックの入れ方(Emerald Lucky Block)
  23. マイクラでライトセーバーmodの入れ方(Advanced Lightsabers)
  24. マイクラで全てのブロックが重力で落下するデータパックの入れ方
  25. マイクラでゴラクバ!modの入れ方(シラカバmod : BirchCraft)
  26. マイクラでトルネードmodの入れ方(Weather, Storms & Tornadoes)
2020/11/21 10:09

マイクラでトルネードmodの入れ方(Weather, Storms & Tornadoes)

Youtubeのまいぜんシスターズでトルネードmodが紹介されていて、子供が遊びたいということで入れてみました。このmodを入れると、とてもリアルな雲・雷雨・強風・竜巻が発生します。当記事ではマインクラフト for java edition で、forge 1.12.2 を使用したトルネードmodの入れ方をご紹介します。


目次


トルネードmod(Weather, Storms & Tornadoes)とは

子供がYoutubeのまいぜんシスターズが大好きできでよく見ているのですが、この動画で紹介されていたmodです。嵐や竜巻が発生する世界で遊ぶことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=qM2dAU-5qRA


このmodを入れることで、リアルな雲、雷雨、嵐、竜巻が発生します。また、ゲームメニューの上の「Weather2 EZ Config」で設定を変更することができます。

今回は、「Weather2 EZ Config」の「Preference」を以下のように変更し、嵐や竜巻の発生頻度を最高にしました。

  • Min days between deadly storms(最強の嵐の発生間隔): 1/2 Day
  • chance of storm(嵐の発生頻度):High
  • chance of rain(雨の発生頻度):High
  • block destruction(ブロックの破壊):On
  • Tornados and Cyclones(竜巻とサイクロン):On
  • Sandstorm(砂嵐):On


スポンサーリンク


嵐と竜巻を体験してみる

嵐と竜巻がどのような感じか体験するため、外で待ってみました。

少し雲が出てきました。見た目だけでなく、雲の動きも本物のように再現されています。

雲が多くなり雨も降り始めました。実際に雨が降っているかのような感覚になりました。

大雨になり風が強くなってきました。見た目だけでなく、音も実際の嵐のように再現されています。

急に竜巻に巻き込まれ空高く吹き飛ばされてしまいました。


嵐や竜巻を回避する

半日に一回、嵐や竜巻に巻き込まれてしまうため、洞窟内で生活してみました。

洞窟内では吹き飛ばされことはないですが、嵐や竜巻が来ると風の音が鳴り響き、落ち葉などが飛んでいきます。

まず、小麦畑を作り、パンを作って食料を確保しました。

木がないため、苗木を育てて木材も確保しました。

牛を連れてきて、洞窟内の牧場を作り、肉を確保しました。

洞窟内でネザーゲートを作ったり、ブランチマイニングをして、鉄やダイヤモンドなどを集め武器や防具を整えました。


洞窟内での生活がしばらく続き、外に久々に出てみると、嵐や竜巻により荒れ果てた状態になっていました。

外で活動しづらいという点が、ゲームの難易度を上げるため、面白いかもしれません。


次はトルネードmodの入れ方の説明となります。

マインクラフトのmodはjava editionでのみ使用可能なため、マインクラフト java edition を使用します。

その他に無料のmod読み込みソフトのforgeを使用します。

トルネードmodが対象としているマインクラフトのバージョンは、1.12.2ですので、forge 1.12.2-14.23.5.2854 を使用したトルネードmodの入れ方についてご紹介します。


スポンサーリンク


トルネードmodの取得

トルネードmodの weather2-1.12.1-2.6.12.jar を取得します。

Weather, Storms & Tornadoes のダウンロードサイトで Download ボタンをクリックします。

https://www.curseforge.com/
minecraft/mc-mods/
weather-storms-
tornadoes/files/2596867

ダウンロード画面が表示され、5秒待つとダウンロードが行われます。


トルネードmodに必要な coroutil-1.12.1-1.2.37.jar を取得します。

CoroUtil のダウンロードサイトで Download ボタンをクリックします。

https://www.curseforge.com/
minecraft/mc-mods/
coroutil/files/2902920

ダウンロード画面が表示され、5秒待つとダウンロードが行われます。


forge 1.12.2 の導入

mod読み込みソフトのforgeを取得します。トルネードmodは マインクラフトの 1.12 が対象のため、forge 1.12.2 の推奨バージョン 14.23.5.2854 の forge-1.12.2-14.23.5.2854-installer.jar を取得します。

forge の 1.12.2 のダウンロードサイトを表示し、Download Recommended の「Installer」ボタンをクリックをします。

http://files.minecraftforge.net
/maven/net/minecraftforge/
forge/index_1.12.2.html

ダウンロードの前に画面が表示されます。5秒間待つと画面右上端で「SKIP」が表示され、これを選択するとダウンロードが行われます。


ダウンロードした forge-1.12.2-14.23.5.2854-installer.jar を実行するとインストール画面が表示されます。マインクラフトがインストールされているフォルダを選択されているのでそのままインストールします。


スポンサーリンク


マインクラフト起動構成の設定

forgeのインストール後にマインクラフトのランチャーの起動構成で release 1.12.2-forge-1.12.2-14.23.5.2854 が選択できるようになるので、トルネードmod 用の起動構成を作成します。

起動構成は以下のように設定するのがオススメです。

設定項目設定内容
名前トルネード 1.12.2 - 14.23.5.2854
バージョンrelease 1.12.2-forge-1.12.2-14.23.5.2854
ゲームディレクトリC:/Users/<ユーザー名>/AppData/Roaming/.minecraft-mod-1.12.2-tornado

forge をインストールすると、すでに作成されている起動構成のバージョンが変わってしまう場合があり、元のバージョンに戻すのが難しくなるため、名前にバージョンを入れています。

modが動作するバージョンはそれぞれ違うため、ゲームディレクトリを別にして、色々なmodで遊べるようにしています。


マインクラフトの起動構成のフォルダは「C:/Users/<ユーザー名>/AppData/Roaming」が一般的です。このフォルダは、キーボードで 「ウィンドウキー+R」を入力し、「ファイル名を指定して実行」で、「%appdata%」を実行すると簡単に開くことができます。


トルネードmodの設定

作成したトルネードmodの起動構成を選択してプレイを実行します。プレイ実行後はゲームを開始せず終了します。


forgeが有効になり、起動構成のゲームディレクトリ内にmodsフォルダが作成されます。

modsフォルダには、weather2-1.12.1-2.6.12.jar と coroutil-1.12.1-1.2.37.jar を格納して、再度プレイを実行します。


マインクラフトの以下の設定(初回は英語で表示されるため Option )を変更します。

  • Language を日本語に変更します。
  • 遠くの景色をきれいに描画したい場合は、[ビデオ設定]で描画距離を 16 チャンク以上にします。 ※描画距離を増やすと、PCの性能によってはマインクラフトが重くなる場合もありますので注意が必要です。


これでmod が遊べるようになります。


スポンサーリンク


参考:PC環境とマインクラフトの購入方法

PCは家にあるものを使用しました。スペックは以下のとおり。

種類内容消費電力備考
CPUIntel Core i5 840065W
メモリ32GB(2×16GB DDR4 UDIM 2666Mhz)14WPATRIOT
ストレージ480GB SSD3WADATA 2.5 SATA 6Gb/s (Read 520MB/s Write 450MB/s)
グラフィックカードGTX 165075WZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 ZT-T16520F-10L
モニター23.8 インチ 1920×1080 60HzI-O DATA モニター EX-LD2381DB
電源450W 80PLUS BRONZECORSAIR CX450M


マインクラフトのjava editon は、mojang アカウントでマインクラフトのサイトから購入できます。

https://www.minecraft.net/ja-jp/download/


購入後にアクティベートされるため、すぐに遊ぶことができます。税込みで ¥ 3000 です。


Amazonでも、マインクラフトの java edition が ¥ 3300 で購入可能です。直接購入するよりも高くなっています。また、コードが記載されているカードのため、カードが届くまで遊ぶことができません。Amazonギフト券やAmazonポイントを利用したい場合は活用できるかもしれません。


参考:forge-1.12.2のインストールができない場合の対処方法

forge-1.12.2-14.23.5.2854-installer.jar の実行で、インストール画面が表示されない場合は、エクスプローラーで forge-1.12.2-14.23.5.2854-installer.jar の右クリックメニューから「プログラムから開く」-「Java(TM) Platform SE binary」を実行するとインストール画面が表示されます。


上記の手順で forge-1.12.2-14.23.5.2854-installer.jar のインストールができない場合は、何かしら別のアプリなどのインストールにより、javaの構成が変わっている可能性があるため、javaを再度インストールします。以下のjava8 のサイトから、java8のインストーラをダウンロードしてインストールします。

https://java.com/ja/download/

java8のインストール後に、forge-1.12.2-14.23.5.2854-installer.jar を実行します。


以上で トルネードmodの紹介は終わりです。この記事を見た方のお役に立てれば幸いです。



マインクラフト 記事一覧に戻る


シェアする

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

スポンサーリンク